【COVID-19におけるイギリス留学自粛について】
ホーム > 【COVID-19におけるイギリス留学自粛について】

【COVID-19におけるイギリス留学自粛について】

2020年03月16日(月)4:39 午後

弊社では現在英国への新規留学お申込みを自粛させていただいております。お子様の安全確保の為ご協力お願い申し上げます。

尚、すでに留学中の皆様におきましては学校担当者と連絡を取り最善を尽くしておりますのでご安心ください。

 

◇◇◇イギリス政府ヘルプライン◇◇◇

スタッフ、保護者、および学生は、教育に関連するCOVID-19に関する質問については、月曜日から金曜日の午前8時から午後6時まで、電話およびメールで教育省(DfE)ヘルプ英国ヘルプラインに連絡できます。

電話番号:0800 046 8687

メール:  DfE.coronavirushelpline@education.gov.uk

コロナウイルスの発生後、学生と職員の健康、福祉、安全は大学のリーダーにとって最優先事項です。英国の大学、すべての教育機関は、健康について心配する可能性のあるすべての学生とスタッフを、医療サービスからの最新のアドバイスでサポートしています。私たちは、中国の学生、他のインターナショナルの学生たちとスタッフを英国に歓迎してきた強い歴史があり、国際社会の一員です。英国の教育機関は、いかなる形であれ人種差別を容認しません。学生およびスタッフが人種的嫌がらせの事件を報告し支援を求めることを奨励します。

私たちは、学生やスタッフが中国の友人や家族を心配している可能性があることを理解しています。この困難な時期に、学生とスタッフが国際的な高等教育コミュニティ全体と連帯して仲間の友人や同僚を支援するようお願いします。

 

・3月13日(金)より発熱また咳症状がある場合は少なくとも7日間自宅等に自己隔離を要請されています。

・学校の休校措置はありませんが、数日のうちに高齢者向けの対応措置が実施される可能性があります。

・新型コロナウイルスへの感染が懸念される国・地域を二つのカテゴリーに分け(日本は「カテゴリー2」に分類)、以下のとおり呼びかけています。
●カテゴリー1:中国の湖北省、イラン韓国の大邱市及び青道郡、封じ込め対策中の北イタリアの諸地域

2月19日以降,該当の国・地域から入国した者は,特段の症状がなくとも,直ちに屋内に待機し,他人との接触を避け,国民保健サービス(NHS)専用ダイヤル111まで連絡すること。ただし,中国の湖北省については過去14日間以内の入国とする。

●カテゴリー2※日本含む:カンボジア、カテゴリー1で指定の湖北省を除く中国、香港、カテゴリー1で指定の諸地域を除く北イタリア(ピサ,フィレンツェ,サンマリノを結んだ線より上側)、日本、ラオス、マカオ、マレーシア、ミャンマー、カテゴリー1で指定の大邱市と青道郡を除く韓国、シンガポール、台湾、タイ、ベトナム

過去14日以内に,該当の国に入国した者で,咳や熱,呼吸困難の症状が見られる場合には,直ちに屋内に待機し,他人との接触を避け,国民保健サービス(NHS)専用ダイヤル111まで連絡すること。

ANA「新型コロナウイルス感染拡大に伴う国際線路線・便数計画の一部変更について
JAL「新型コロナウィルス拡大に伴う国際線航空券の取り扱いについて

 

新型コロナウイルスに関する情報◆
 

外務省(海外安全ホームページ)

◆現地イギリス最新情報◆

https://www.gov.uk/government/topical-events/coronavirus-covid-19-uk-government-response

Westminster

 



«   |   »