留学生の本音       帰国後カウンセリング
ホーム > 留学生の本音       帰国後カウンセリング

留学生の本音       帰国後カウンセリング

2015年01月11日(日)12:31 午後

冬休みに留学した方、一時帰国をした学生達とカウンセリングを致しました。留学生の率直な感想、意見を今後のご参考になさってください。

 

●自分がやるのか、誰かにやらされているのかで結果は大きく変わる。

●迷ったらとりあえずやった方がよい。

●分からない事は積極的に聞けば助けてくれると感じた。

●どちらにしようか考えるより、どちらもやってみてから決めようと思った。

●日本は冬でもカリフォルニアは暖かかった。

●初めて半袖でクリスマスを過ごした。

●食事があきてしまい、日本で作ってもらえることに感謝した。

●日本人は他の外国人に比べて本当に英語が話せない。

●外に出て(観光地など)日本人同士固まっている光景を何度もみた。

●同じ年とは思えないほど海外の人は大人っぽかった。

●大学の図書館はあまりに大きくて驚いた。

●学歴より本当になりたい自分と向き合おうと思った。

●満足したら終わりだ、足りないから努力するんだ。

●英語を頭で考えなくなった。自然と言葉がでてくるようになった。

●何もかもスケールが大きくて想像を遥かに超えていた。

●自分の英語が友達に伝わらなく、悔しくて泣いた。絶対に話せるようになりたい。

●学校でも社会生活もONとOFFがはっきりしている。

●日本から離れて心が解放された。

●他人の事が気にならなくなった。自分の価値観で物事を見るようになった。

●海外の大学に進学しようか考え始めた。

●1日があっという間にすぎた。充実していた。

●自分の知らない世界があった。百聞は一見に如かず。

●飛行機に一人で乗れたので他の国にも行ってみたい。

 

私達カウンセラーはスポーツでいうならば言わば監督のような存在です。大手留学センターとは違い、丁寧に見守り留学前・留学中・留学後までも子供一人一人に配慮したサポートを致しております。留学経験をより深いものに、留学後は経験を生かして次のステップにすすめるように、共に考え話し合える時間と場所を提供してまいります。

 

 



«   |   »